老犬の下痢

老犬にとって下痢は命取り!?

老犬にとって下痢は命取りなのです!

 

 

老犬になってくるとからだの色々なところに
不都合が出てくるのは犬も人も同じです。

 

 

あなたも若い頃には平気だった、
焼き肉が年と共に受け付けなくなってきたり
していませんか?

 

 

老犬も歳をとるにつれ、消化菅の機能が
悪くなり、下痢を起こしやすくなります。

 

 

特に脂っこいものなどは消化機能に
強い負担をかけますので注意してください。

 

 

老犬になるとちょっとした気候の変化、
特に季節の変わり目や台風の時期などに
体調をくずして下痢をすることがあります。

 

 

若いときには何てことがなくても半日から
1日の下痢で体調がガラッと変わってしまうことが
多いのが老犬の注意すべきことでしょう。

 

 

下痢になると便と一緒に水分が体内から
喪失されますし、下痢を起こす時に
同時に吐くこともよくあります。

 

 

なのでよく体調を把握してあげてください。

 

 

この脱水はあっという間に腎臓を
はじめとする体の臓器に悪影響を
及ぼします。

 

 

老犬は消化菅の粘膜も弱ってきていたり、
消化酵素の出が悪くなるために下痢を
はじめとした消化器症状を起こす原因となります。

 

 

また、腸内細菌すなわち腸内フローラの
乱れも老犬が下痢を起こす原因となります。

 

 

その他に老犬の下痢ともなれば、やはり
消化器の病気も考える必要になります。

 

 

犬も歳をとってくればガンになりますし、特に
消化管のガンは始めに下痢で気付かれることも
多いのです。

 

 

ガンのなかでもリンパ腫は犬に多い下痢を
起こすガン(腫瘍)ですし、腫瘍でなくても
二次的に下痢を起こすことも老犬には多いのです。

 

 

また、すい臓や胆嚢の病気も老犬には多いため、
総じて脂っこいものは苦手です。

 

 

時々胃液を出したりするのが多いかなと
感じています。

 

 

このような下痢は色が薄くなったり、テラテラと
光った脂っこい便となります。

 

 

消化管だけでなく消化酵素も
よわってきているようです。

 

 

腸内フローラの乱れから腸内バランスを
整えることによって下痢を避けようとする
サプリメントも多く出てきています。

 

 

お腹の腸内フローラを善玉菌で
閉めるということで免疫力をあげてくれることも
わかってきました。

 

 

乳酸菌が配合されているサプリメント
ありますので、良かったら参考にしてみて
ください。