老犬が散歩嫌がる

老犬が散歩嫌がる理由とその改善法について

老犬が散歩嫌がる理由と
その改善法について紹介しています。

 

 

犬も年齢を重ねてくると人間と同じように
関節が弱ってきて関節痛が発症することが
とても多いです。

 

 

特に大型犬になるとその傾向がとても
強いです。

 

 

散歩が大好きだった犬でも老犬になってくると
散歩嫌がるようになります。

 

 

これは散歩することで関節に痛みや不快感が
あることが考えられるのです。

 

 

ですからもし老犬が散歩嫌がるようになってきたら
無理に散歩をさせないようにして動物病院で
どのような状況かの診断を受けると良いでしょう。

 

 

老犬が散歩嫌がるようになると考えられるのは
関節の問題のほかにも腰痛があったりすることも
あります。

 

 

ひどくなると椎間板ヘルニアのような病気に
進行している場合もありますから注意が
必要です。

 

 

例えばダックスフンドやコーギーなど足が
短くて胴が長いタイプの犬の場合は
腰痛持ちはとても多いものです。

 

 

老犬が散歩嫌がるようになったら、まずできることは
病院に連れて行くことですが自宅でもいくつか
老犬の関節ケアができます。

 

 

例えば、グルコサミンのサプリを飲ませるのは
関節ケアに非常に有効であることが
わかっています。

 

 

特に動物用のグルコサミンを購入しなくても
人間用でも十分です。

 

 

その際には獣医師に用量についてどのぐらい
飲ませたら良いかのアドバイスを必ず
受けるようにしましょう。

 

 

グルコサミンを老犬に与える時には小さく
砕いてフードに混ぜてあげれば大抵の
老犬は気にせず食べてくれるでしょう。

 

 

ただ、グルコサミンの成分だけが老犬の
関節等を改善するわけではありません。

 

 

コチラの老犬の口臭を改善するサプリ
犬の元気を取り戻す効果が期待できます
ので試してみる価値はあると思います。

 

 

散歩嫌がる老犬には、小型犬ならお散歩バギーに
乗せてあげるのも良いでしょう。

 

 

いくら散歩嫌がるからといっても本当は老犬も
外の空気を吸いたいに決まっているのです。

 

 

散歩嫌がる理由になっているのはただ
不快感があるからであり、そういう状態でも
散歩には行きたいのが犬です。

 

 

ですからその気持ちを汲んであげて車で
緑の多い場所に連れて行ってあげて
そこでのんびり擦るだけでも十分です。

 

 

老犬になっても散歩は生きがいともなります。

 

 

腰痛や関節痛でその楽しみが奪われるのは
とても可哀想なことです。

 

 

充実した余生を送らせてあげるためにも
飼い主さんがしっかり日頃からケアを
してあげることがとても大切です。